ブログ

2017年3月

img_0857 img_0858img_0855

img_0844 img_0845 img_0846 img_0847

img_0843img_0848img_0842img_0840img_0841

img_0829 img_0830 img_0831

只今ランチタイムです!

img_0818

子どもたちも職員も、強風なんて気にしない気にしない!!!

もう、はじけるほど元気いっぱいで、約90分のびのび遊びました!!!

私は強風でメガネが揺れて視界グラグラ(笑)スマホも吹き飛ばされそうになっていたもので(笑)実況中継が遅れましてすみません!

職員から続々と写真が届きましたので、これからどんどんアップしていきます!

年少組保護者の皆様へ

明日の年少組の遠足ですが、降水確率が80%と高いため、大変残念ですが中止とさせて頂くことになりました。保護者の皆様には一年間大変お世話になりまして誠にありがとうございました。来年度も引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

「円」の心地良さ

最近、祖父母会や保育参観において、みんなで円になって活動することが増えてきました。写真を見ると、大人も子どももみんな笑顔!とても和やかで楽しそうな様子が伝わってきます。

以前に職員に話しをしたことがあるのですが、
実は、円、丸、囲む…といった形には、様々な良い効果があるのです。約5年前の研修で教わりました。私は今でもその研修の資料を大切にとってあります。

具体的には、

始まりと終わりがない(直線は始まりと終わりが明確)、上下左右がない、みんな一緒、ずっと続いていく、永遠性、みんなの様子が見える安心感、集団の一員であることの実感、包み包まれる関係、子どもとしていられることの実感…など。

また、終わりがあいまい、人生の始まり・時のめぐりを感じる、繰り返しという円環性…

円、丸、包む、囲む…といった、丸い形の居心地の良さをさかのぼると、産まれる前にお腹の中で丸く包まれていた感覚、また産まれて抱っこされて育った記憶や安心感など、意識化以前の状態からきているのだそうです。

そう考えてみると、昔ながらの伝承遊び(かごめかごめ、あぶくたった、ハンカチ落とし、フルーツバスケットなど)は円になって遊びます。キャンプファイヤーもそうですね。

また、七夕やお祝いの時に作る輪飾りは、ずっと幸せが続くように…との意味があります。季節の変わり目などに、昔から生活にとりいれているのです。

円の様々な良い効果を、これからも保育の様々な場面に取り入れていきたいと思います。

123

PAGETOP